主婦の働き方

近年、働く主婦が増えてきたことから、「専業主婦」という言葉を聞くことも少なくなってきました。
昔までは男は外で仕事をし、女は家を守る仕事をするという考えが強かったのですが、男女雇用均等法が施行されて仕事上でも男女の隔たりがなくなってからは、社会で男性と肩を並べて仕事をする人も多くなりました。
しかし、いくら男性より成績の高い仕事をしていても、女性には女性にしかできない人生の節目があります。
それは妊娠、出産です。
こればかりはいくら男女平等とは家、男性が代わることのできない仕事です。
この期間、女性達は一時的に離職して出産や育児に追われることになります。
旦那さんの理解があれば、子供を保育園に預けて離職前と同じ様に正社員として勤務することも可能ですが、子供が熱を出したり怪我をしたり、学校行事のたびに仕事を休まなくてはならなかったりと急に仕事を休まなくてはならないことが多くなります。
会社側がそれを見込んでもその人を正社員として働いて欲しいという場合は別ですが、ほとんどの場合、仕事を休むとそれだけほかの社員が仕事に負担を抱えることになるので、主婦は正社員としてはあまり歓迎されないのが実情です。

「どうしても働きたい」「家計を助けるために仕事しなくてはならない」という場合には、扶養控除の範囲内で働くことをおすすめします。
旦那さんが正社員で社会保険などの雇用保険に入っている場合、旦那さんの給与から給与所得控除というものが出ています。それに基本控除38万円を足した金額が扶養者控除の範囲となります。つまり、旦那さんの給与所得控除が65万円の場合、それに38万円足して103万円が扶養控除の限度額となるのです。
扶養控除の範囲内の求人というのは扶養控除の限度額以下の収入で働くことを言います。
それ以上の収入がある場合、妻にも雇用保険または国民保険に加入を義務付けられ、妻の給与から保険料などを支払わなくてはならなくなります。
主婦の場合、正社員が難しいのでアルバイトやパートタイマーとして働く場合、社会保険には加入は難しいので国民保険に加入することになりますが、毎月保険料を支払うのは非常に大変で負担になります。扶養が合っているか、自己負担が合っているかをしっかり確かめてみてください。